【TOEIC勉強法】スコア800突破のための勉強戦略とは

TOEICスコア800戦略 TOEIC

TOEICスコア800

とりあえずここまでくれば、英語を使う職種でもなければ十分かなと思えるスコアですね。通常はスコア600、700位を目指す方が多いでしょうが、本格的に英語の達人を目指すのなら、上級者レベルであるこのレベルまで目指したいところ

そこで、今回はスコア800を超えるためにの勉強戦略やかかる時間、そしてスコア800からさらにどういう勉強をすべきか、ということについて考えてみましょう。

スコア800突破までかかる時間

スコア800取るまでにどれぐらいかかるのか。個人差やそれぞれの環境にもよることは前提にしつつも、今回も例のオックスフォード大学のデータを引用してみます。

TOEIC スコアアップデータ

〈出典元〉Oxford Univercity Press『A Teacher’s Guide to TOEIC L&R Test Preparing Your Students for Success』

左軸のCurrent scoreが現状のスコア、そこから右へ目線を移動して横軸の目標スコア(Target score)のところでストップ。「450」とか「975」とかの数字が並んでいますね。これが目標スコアまでにかかる時間です。

たとえば、「475」ということは475時間かかるという事です。もちろん、勉強の効率やその人の資質、海外に住んでいたことがあるかないか、といった要因でこの時間はかなり違ってくるとは思います。

ただ、私の経験と照らし合わせても、まぁ、だいたいはこれくらいかかるかなぁ、という目安にはなりますね。

ということで、スコア800までの到達時間をこのデータを参考にすると、こんな感じになります。

スコア500未満から ・・・・ 約1000時間
スコア500台から  ・・・・ 約700時間
スコア600台から  ・・・・ 約500時間
スコア700台から  ・・・・ 約300時間

私も身をもって経験していますが、社会人だと一日に2時間、コンスタントに勉強するのはかなり至難の業ですよね。毎日勉強することすら難しいです。それなのに、仮に毎日2時間、スキマ時間込みで勉強したとしても、たとえば500時間なら単純に250日かかるということ。

やはり一朝一夕にスコアが爆上がりさせる、なんてのは、いかに難しいことか、ということが読み取れると思います。

スコア800台の正答率

次にチェックしておきたいのが、スコア800台ってどのくらいの正答率なのか、という点です。

TOEICはご存知の通り、スコアは単純に正答率から導き出されているわけではありません。つまり、100問中95問正解したから「ハイ、500点満点中475点」、ということではないということ。

要するに難問奇問や受験生の正答率、標準偏差などを見て、正答率とスコアの換算を試験回ごとに調整しているということなんです。ですから、試験の難易度によってスコアが乱高下することがないように設計されているわけですね。

では、結局スコア800取るにはどれくらい正解すればいいのかわからないのかというと、実は予想できるデータがあります。

TOEICの試験を作っているETSの「TOEIC Official Test-Preparation Guide」という書籍、それと公式問題集の解説書の巻頭部分に載っている「参考スコア範囲算出方法」というページなどから、正答率をある程度は推測できるのです。

これらのデータからわかりやすくスコア800台の正答率を予測するとこんな感じになります。

リスニングパ―ト(全100問)
正解数76~80      スコア換算390~430
正解数81~85      スコア換算410~460
正解数86~90      スコア換算440~490
リーディングパート(全100問)
正解数81~85      スコア換算370~410
正解数86~90      スコア換算400~435
正解数91~95      スコア換算420~465

これを見ると、スコア換算範囲は正解数ごとにかなり広めになっていることがわかると思います。試験回によってスコア換算値にばらつきがあるという事です。

ただ、ここから読み取れることは、スコア800ギリギリくらいで

・リスニングは正答率80%前後    
・リーディングは正答率90%前後

が要求されるということです。なかなか高いハードルですよね。

もう1つ、TOEICのベテラン受験生ならほぼ全員知っていることですが、高スコア狙いの場合は、リーディングパートでほぼ満点狙いの戦略が要求される、ということ。

たとえば、495点満点を取ろうとすると、最悪でも許されるミスは4問程度です。すなわち、スコア800以上を狙うのであれば、PART7の時間が足りませんとか、文法問題落としてしまいました、とか言っている場合ではないという事なんです。

TOEICって高スコア帯になると、途端に1問もミスが許されない厳しい試験に変貌します。スコア800から900台に上げるのがめちゃめちゃ難しい理由は、この辺にあるのです。私も今800台中盤で苦しんでいるところっすよ(泣)。

                〈スポンサー・リンク〉

スコア800台への強化ポイント

successTOEIC800

スコア700からの基本戦略

とりあえず、スコア700台に乗った人がスコア800を目指す、という場合は、やるべきことは1つ。

弱点を徹底的につぶす

これに尽きると思います。

スコア700レベルという時点で、かなり英語の基礎力はもちろん、TOEICの勉強法に関してもかなり精通してきていると思いますから、あとはアビメとにらめっこしながら穴をつぶしていく戦略を練っていけばいいでしょう。

それと同時に、ひっかけ問題や文章当てはめ問題のような難問についての対策も進めておかなければなりません。この部分は高スコア獲得向けの講座やテキストから、要点、急所を学んでおくと効率的です。

リーディングパートの強化ポイント

高スコア獲得のためには、やはりPART6・7でのスピードと正確性を上げていく必要があります。そのためには、同じ英文を何度も読んで、最速レベルまでに上げるトレーニングを本格的に積み重ねるのが基本です。リーディングの素材はやはり「公式問題集」「究極の模試600問」「新形式精選模試」などの、定番で良質な模試問題が良いと思いますね。

全人類 必携の書(笑)

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

ところで、TOEIC満点ホルダーやTOEIC講師のブログや書籍などを見ていると、TOEIC900台を取るには1万問こなしなさい、という意見がかなりあります。あのヒロ前田先生も1万問とおっしゃっていますね。TOEICの問題1万問というと、ざっと模試50回分もの分量です。

確かに、満点レベルを目指すには英語力の強化とともにTOEICに特化した勉強も重要になるので、問題数をこなす、ということも必要になってくるのはその通りだと思います。

ただ、スコア800台を出すのがとりあえずの目標なら、1万問にこだわる必要はないです。というか、公式問題集などで15回分くらいを何度もやりこむスタイルで十分スコア800台は出ますよ(経験者談:私はそうでした)

公式問題集は新形式対応後に順次発売されていて、2019年8月時点で最新5巻までが出ています。その他にリーディング編、リスニング編に分冊された公式の「トレーニング」問題集、そしてヒロ前田先生の「究極の模試600問」、ジャパンタイムスの「新形式精選模試」シリーズ、これだけ集めればざっと模試20回分の分量になります。まぁ、予算はちょっとかかりますが(全部で24000円くらいにはなると思う‥‥)、とりあえずこれだけあれば十分でしょう。

この20回分のリーディング問題の精読・速読をひたすら繰り返す。これだけでスコア800越えは十分可能です。

リスニングパートでの強化ポイント

リスニングに関してはスコア700台からスコア800以上を狙うには、

いかにひっかけ問題や応用問題を落とさないか

ということが重要だと考えます。もはや、このレベルまで来ると8割がた会話文を聴きとれる力はついているでしょうから、ここからは取りこぼしをなくすためのトレーニングを集中してやっていくべきなんです。

リスニングパートのひっかけ問題や応用問題に関しては、良問が新形式版の公式問題集にかなり登場します。したがって、やはり勉強の軸は新形式版の公式問題集(2019年時点で既刊全5巻)です。

ただ、公式問題集の弱点は解説が雑なこと。「答えはコレです、ハイ!」という感じで、聞き取りのキモとかポイントなんか全然書いてない(苦笑)。

そこで、聴き取りのポイントやコツを、関正生先生の「世界一わかりやすいTOEICの授業」シリーズなどで1度、目を通しておくと効率的。

聴き取りのポイントを押えつつ、公式問題集の会話をシャドウイングしまくって頭に叩き込むぐらい反復していく、このスタイルでスコア800は十分いけます(経験者談)

おススメ教材

スコア700から800、そしてさらに900を目指す段階だと、ハイスコアの人が足元をすくわれるパターンやひっかけ問題などへの対応、要するに試験テクニックそのものも問われてきます。単純に英語力を強化するという話ではなくなってくるわけですね。つまり、このレベルの方はそうした試験テクニック的なところも強化していく必要があるということ。

そういう上級者向けのテキストのうち、私も愛用しているのがおなじみ、

TOEICカリスマ講師HUMMERこと濱崎潤之輔先生の「TOEIC L&Rテスト990点攻略」

全体的に難易度は高いですが、このテキストはあえて高難易度の問題の解法テクニックについて解説した本。ともかく解法手順の解説がわかりやすいですし、HUMMER先生の解答戦略なども説明されていて、ものすごく参考になります。

高スコア帯になってくると、「模試問題」+「テクニック解説書」の2つをうまくフィードバックさせながら勉強するのが効率的なので、こういった良書を1冊準備しておくのがおススメですよ。

TOEICに夢中になり過ぎると…

ということで、スコア800を目指すための基本戦略について説明してきました。最後に、私の経験上、少し注意喚起しておきたいことがあって、それは、英会話やライティングのトレーニングも並行してやっておこう、ということです。

私が初めてスコア800を取った時に思ったことなんですが、その当時、私はあまり英会話のトレーニングをしていまぜんでした。とりあえずTOEICのスコアを上げることに注力していたわけです。

その結果、いざ英会話をする機会になると、かなりしどろもどろな感じになりました。せっかくスコア800台の実力があっても、英作や英会話のトレーニングもやっていなければ、ろくに英語を話すこともできない状態って結構あるわけですよ(経験者談)。TOEIC特化の勉強による弊害ですね。

私たちは英語を使えるようになりたいわけであって、TOEICで高スコアを取ることが最終目標ではありませんよね。ですから、TOEICに熱中するあまり、テストに関係のないスピーキングやライティングスキルを全くやらないのは、英語の習得という意味では危険。

スキマ時間に瞬間英作文を少しずつこなすくらいで十分なので、余力があればやっておきましょう!! これだけでもあとあと全然違います。

              〈スポンサー・リンク〉

タイトルとURLをコピーしました