TOEIC600突破に必要な単語数はどれくらい?TOEIC専用の単語集を買うべき?

TOEIC 教材  TOEIC

TOEICに限らず、英語学習に欠かせない「単語」を覚える勉強(作業)
ザ・地道を絵にかいたような勉強なので、その退屈さからどうしても敬遠気味になる勉強ですよね。

TOEICの1つの達成基準でもある「スコア600」を突破するレベルでは、ザックリ言って5000語ほどの単語を覚えなければならないので、学生時代の貯金のない状態だとやはり「単語を覚える」勉強は必要になってきます。

ただ、この5000語レベルといっても、TOEICのスコアを上げることに特化する場合は、TOEICの出題傾向にあった「単語集」で勉強しなければならないです。今回はそのあたりの話と、おすすめの単語集や基本的な単語学習方法について、忙しい社会人でも何とかできそうな事を中心に紹介していきましょう。

TOEIC600突破に必要な単語レベル

TOEIC600 必要単語数
ザックリ言ってしまえば、スコア500台で3000語、スコア600台で4000~5000語ほどの語彙力が必要です。これは、同レベルの英検のレベルと比較してもだいたい同じような結果になります。

さらに、以前の記事でも説明しましたが、

TOEICで高スコアを取る「単語数」の目安は?どれくらいの単語を覚えたらいいかズバリ解説
単語をどれくらい覚えればええんじゃあああ??? と、単語帳をめくりながら心の中で叫んだ経験は誰しもあるでしょう。 TOEICに関しても、高スコア取るためには 「とりあえず単語を覚えろ」 ...

TOEICに出やすい単語というのがあって、これがだいたい上位3000語でほぼ9割の語彙をカバーできるという試算結果がいろいろな学習指導校などのデータからわかっています。

このTOEIC上位3000語をカバーする実力としては、トータルの語彙力が5000語以上は必要になってくるでしょう。

というのも、TOEICに頻出する単語には一定の傾向があるためです。

次に説明しますが、TOEICに出やすい単語は「ビジネス英語」で使われやすい単語が多くなってくるので、英検や大学受験などで出やすい単語とは、少しかぶらない部分も出てくるのです。そのため、トータルでは5000語以上の語彙力がないと、TOEICでわからない単語がチラホラ出現するという感じになるでしょう。

この辺りの問題は、一般向けの「単語集」とTOEIC専用「単語集」のどちらを使えばいいのか問題と直結するので、少し詳しくみておきます。

TOEIC専用単語集と一般的単語集の違いは?

具体的に、一般向けの大学受験や英検など、幅広いニーズに対応した「単語集」とTOEIC専用「単語集」で、どの程度、掲載されている単語に違いがあるのか、検証していました。

今回、検証に使ったのはアルクの定番シリーズ「究極の英単語」のVol.2「中級の3000語」、そして2019年6月に発売されたTOEIC公式による「ボキャブラリー・ブック」です。

検証 2つの単語集

使い込んじゃってるので、付箋まみれでスイマセン。。

公式ボキャブラリー・ブックは合計1000語掲載されているのですが、TOEIC頻出の単語に特化した単語集。

この公式ボキャブラリー・ブックの掲載単語のうち、「究極の英単語」でも取り上げられている単語は何パーセントかを調べてみました。要するに、かぶっている単語はどれぐらいか、という事です。

結果はこちら

「公式ボキャブラリー・ブック」掲載1000単語のうち

  • 「究極の英単語・中級の3000語」に出てくる単語数の割合は約40%
  • 「究極の英単語・初級の3000語」に出てくるものと合わせると約60%

少し捕捉しましょう。今回サンプルに使った「究極の英単語・中級の3000語」は、TOEIC600~730レベル、英検準2級~準1級対応なので、中学レベルの初歩的な英単語は掲載されていません。そのレベルの単語は「究極の英単語・初級の3000語」に掲載されているというわけです。

そして、公式ボキャブラリー・ブックの方は、初級レベルから中級レベルの英単語の中からTOEICに頻出する英単語を1000個、抽出している仕様なので、

例えば「afford」「function」「element」のような簡単な単語もあれば、

「entrepreneur (事業家)」「pharmaceutical(薬剤の)」のような、ちょっとマニアックな英単語も掲載されているのです。

したがって、一般向けの単語集の5000~6000語レベルまでの掲載単語で網羅できる「TOEIC専用単語数」は約60%ほど、というのが、今回調べて分かったことです。

意外とかぶっていない単語が多いことがわかるでしょう?

どういった単語が「TOEIC専用」の単語になっているかというと、例えばこんな感じの単語。

  • directory 「名簿」
  • discount 「割引」
  • eatery 「飲食店」
  • flyer 「ちらし」
  • fine 「罰金

それぞれは決して難しい単語ではないのですが、大学受験や英検など、他の一般的な英語検定や日常会話ではあまり使われないタイプの単語が結構出てくるのがTOEICなんです。

このあたりの単語は一般向けの単語集には載っていないことが多いです。

もちろん、今回の検証はあくまでも1つの例ですが、「究極の英単語」シリーズは英単語集の定番の1つですし、公式問題集やTOEIC過去問から抽出されている公式ボキャブラリーブックとの比較は参考にはなると思います。

要するに、TOEIC攻略に特化する場合は、

「一般向けの単語集は思ったより使えねーぞ」

という話になってくるわけです。

   〈スポンサーリンク〉


どの単語集を買えばいいのか おすすめ単語集をセレクト

ということで、「とりあえずTOEICのスコアを上げたいんだ!!」という場合なら、素直に1冊、TOEIC専用の単語集を持っておいた方が効率的です。

ただ、実は意外にもTOEIC専用の単語集の数は多くはありません。定番のターゲットやキクタンシリーズといったところが代表的なところですが、あとは特急シリーズの「金のフレーズ」「銀のフレーズ」くらいがメジャーな単語集という感じです。

そこで今回は、ひさびさに英語を勉強するというブランクのある方、スコアがまだまだ600前後までいかないという方向けに、3つほどチョイスしてみました。どれか1冊は持っておいて損はないですし、公式問題集などを使った「メイン」の勉強のサブ教材として使ってみると効果的だと思います。

新TOEICテスト 英単語ターゲット1500

まずはド定番のこれ。単語集といえば定番のシリーズがたくさんありますが、「使いやすさ」と「収録単語の適正」を両方とも満たしている点と、1冊持っとけばとりあえずスコア600までなら十分、という観点から、超有名英単語シリーズ「ターゲット」のTOEIC専用タイプをセレクトしました。

まぁ、正直「無難オブ無難」です。掲載単語や例文、派生語などの補足情報ともによく出来ています。演習パートなども程よく挿入されていて、単調にならないように工夫されているので、定番の単語集としては問題ない出来。

コンパクトさという点でもすごく評価できます。単語集は電車の中やスキマ時間でも使いたい教材なので、分冊とか別冊とかがあるものは避けたい。そういう点でも1冊でほぼ必要な情報を載せているこの単語集は優秀です。

新TOEIC TEST出る順で学ぶボキャブラリー990

より効率的にTOEICに出る単語を網羅したい、という方におすすめなのはコレ。収録単語は990なのですが、補足情報や派生単語などを含めると、なんとTOEIC頻出上位3500語のうち95%をカバーしているという一冊。中身も二色刷りでシンプルで見やすいです。

例文や補足説明が若干シンプル過ぎる気もしますが、単語集は補助教材なので、あまりごちゃごちゃしてない方が使いやすいでしょう。監修はTOEICカリスマ講師の1人、神崎正哉先生なのも安心。2017年にハンディ版が出たので、こちらの方が使いやすいです。

TOEICテスト やたらと出る英単語クイックマスター

もっと簡単なやつがいい!例文とか補足情報とかいっぱいあると、辞書みたいでクラクラする!!というのであれば、この「やたらと出るクイックマスター」は使いやすいです。

先ほどおすすめした「でる順で学ぶボキャブラリー990」よりもさらにシンプルで、なんと例文はたったの200。1つの例文に3つの単語が組み込まれているので、200この例文を覚えるだけで600の頻出単語を覚えられる、という仕様です。

シンプルながら意外と解説や復習ページなどが充実しているので、「まだまだ初心者レベルかもしれない」という方や英語が苦手な方にはおすすめしておきたい一冊ですね。

あれ?特急シリーズは?

ところで、TOEIC常連受験生からすると
「あれ?特急シリーズはおすすめではないの?」
という疑問を持つかもしれません。

特急シリーズとはTOEIC教材の「King of Kings」といってもいいくらいの大ベストセラーシリーズ。なかでも単語集の決定版として超有名なのが「金のフレーズ」です。

「金のフレーズ」は確かに最強の一冊ではあるのですが、私の見解としては、これは単語集であると同時に「英語脳」もっと言うと「TOEIC脳」を作るためのトレーニング本です。この「金のフレーズ」ついては細かく検証していく予定ですが、とりあえずここで言いたいのは「金のフレーズ」はある程度TOEICに慣れてからでもいいのではないか、ということです。

スコア600以上がコンスタントに取れてくるようになってからでも遅くはないかなという感じです。あまりにも単語力に不安がある状態だと、「金のフレーズ」が逆にしんどく感じる可能性がありますから。

まとめ

ということで、今回はTOEIC600台に乗せるための単語数の目安や、TOEIC専用単語集を使った方が良い理由、そして初心者にもおすすめの定番TOEIC専用単語集をいくつか紹介しました。

久しぶりに英語を勉強する方や高校レベルの英語に自信のない方は、まずは文法と語彙力を強化する必要があるので、今回紹介した単語集のどれか1冊は準備しておくと、効果的にスコアアップにつなげることができるはず。

単語を覚えるのは基本的にダルいですが、スキマ時間に5分とか、トイレ中とか、ほんの少しの時間でも毎日続けていくと、1カ月後とか2カ月後に、思っている以上の効果が出て驚きます。

英語って地道な勉強がわかりやすく実力アップにつながって成果が見えやすいので、勉強の中でも楽しい方ですよ!いろんな分野の勉強をさんざんやってきた管理人が言うのだから間違いない(断言)。ではまた次回。

自力で勉強を続けるのが大変という人におすすめなのが、大ヒットe-ラーニング
「スタサプ」ことスタディサプリ
「TOEICR L&R TEST対策コース パーソナルコーチプラン」

TOEICハイスコア取得者の中から厳選されたコーチが
パーソナルコーチとなってサポートしてくれる!


通常のスクールと比べても値段は安いので、
7日間無料お試し体験で、どんな感じが試してみるといいですよ。

タイトルとURLをコピーしました