TOEICの配点の仕組みってどうなってるの?

TOEICの配点の仕組み 解説 TOEIC

 

TOEICについてまだあまり知らない段階の人が、最初に困ってしまうことの1つに

TOEICのスコアってどういう風に計算するの?

というのがあると思います。

単純なテストと違って、正解1つでハイ5点、という話ではないので、その配点の仕組みはかなりブラックボックス的な要素が多いです。もちろん、だからといって採点基準が理不尽過ぎる、という事ではなく、むしろいろいろな不確定要素を排除して公平な採点をしようと努力した結果、外から見ているとよくわからない採点基準になっている、といった感じなのです。

そこで、今回はTOEICの配点の仕組みの基本について、簡単に説明したいと思います。

ぶっちゃけた話、知ったところでどうなるものではないんですが、自分の手応えと結果のスコアのすり合わせに際の参考にはなるでしょう。

基本となる点数構成

では、皆さんに初歩的な質問です。
TOEICの満点って何点でしょう?

 

・・・

 

・・・・・・

 

正解は990点です。

リスニングパートで495点、リーディングパートで495点、合計で990点満点です。

ちなみに、TOEICのスコアは全て、5点刻みで計算します。
したがって、最低点は各パート5点ずつなので、トータル10点です。

この「5点刻み」という配点のルールはTOEICの特徴的なところです。
なので、「ボクのTOEICスコアは613点でした」ということは、現実的にあり得ないということ。

たまに、マジでTOEICは5点刻みというルールを知らずに、このような衝撃の発言をする人がいるので、賢明な英語学習者の諸氏におかれましては発言者のことを温かい目で見てあげることを推奨いたします(笑)。

 

さて、肝心の配点の仕組みなのですが、TOEICは設問数がリスニングパート100問、リーディングパート100問ありますね。お察しの通り、この配点をこの設問数で割ってみると、1問当たり4.95点という若干気持ち悪い基礎点数になります。

なんで1問5点で1000点満点にしないの?という疑問はさておき(後ほど説明します)、じゃあ、1問4.95点で加算しているのかというと、そうではありません。

実はTOEICの設問は、問題ごとにコレは2点、コレは3点、という風に、細かな配点調整がなされている、と言われているのです。この細かな配点数の違いは基本的に公開されないだけでなく、各試験回によって微妙に調整が入ります。

この調整に関しては、ETS(TOEICのテスト制作をしている団体)によると「equating」という謎の基準を使っているそうで、これによって毎回ごとにスコア換算表を作成しているとのこと。たとえば、受験生のほとんどが解答できなかったような「捨て問」や「奇問」があれば、その問題の配点を低くしたり、配点対象外にしたり、といった措置が行われているようです。

逆に正答率の高い問題は明らかに配点が高い傾向にあるので、そういう意味ではTOEICは絶対評価ではなく、どちらかというと相対評価の試験、と言えるでしょう。

もう少しこの「equating」を掘り下げてみると、公式問題集各巻の冒頭に

「参考スコア範囲算出方法」

というページがあるのをご存知でしょうか?

TOEIC採点換算表

これを見てみると、たとえば算出例にあるリスニングの素点45、これはつまり100問中45問正解、ということなのですが、これで換算点の範囲が150点から225点に収まるようにしています、ということが書かれています。

つまり、試験を複数回受けて同じ45問正解だったとしても、リスニングの点数だけで最大で75点もの差が生まれる可能性がある、ということなんです。

実際の試験でも、極端な事例では95%程度の正当率で満点スコアが出た、という話もありますし(これは本当によく聞きます)、逆に全体の正答率は20パーセント程度あるのにスコアが150以下だった、ということもあるそうです。

ただ、新形式以降は比較的安定した難易度になってきているので(蓄積データも半端ないでしょうからね)、難問や奇問の類はかなり減っています。なので、だいたい自分の手応えとスコア値の予測は安定してきている感じです。

しかし、結局のところTOEICは採点結果に関する細かなアナウンスをしないので、どんな有名カリスマ講師が「今回のスコア配点基準はこうだ!」と主張したとしても、あくまでも予測の範疇は越えません。なんなんでしょう、TOEICのよくわからない秘密主義(苦笑)。試験問題も全部回収しよるし。

まぁ、ともかく、

・正解数=点数ではない
・正答率によって各設問の配点を秘密裏に調整している(もちろん公平性担保のため)
・スコアは5点刻みで出る
・満点は990点

このあたりを基本として押さえておきましょう。

なぜ1000点満点ではないのか

ここからは雑談というか豆知識みたいな話になりますが、そもそもなんで満点990点という、絶妙に惜しいというかキリの悪いスコアになっているのか、という素朴な疑問がありますよね。

実はこれもTOEIC業界では割と有名な噂話があるんです。TOEICが試験を始めた当初(1980年前後)はまだまだコンピューターのスペックが低い時代でした。まだ世間的には全然パソコンなんて普及していない時代です。その当時、試験運営にあたってスコアを算出するプログラムを組んだそうなんですが、そのプログラムでは3ケタのスコア表示しか出せなかったらしい。

これを1000点表示もできるようにするためには、また最初からプログラムを組み直すなどの大幅な変更が必要だったので、運営スタッフは

「めんどくさ♡」

と言ったかどうかは知りませんが、結局

「もう990点満点でイイじゃん、どうせ満点とか獲る人は少ないんだし!!」

というスタンスで行くことに決めたそうです。まぁ、本当かどうかはわかりませんが、運営元のIIBCやテスト制作のETSの元、中の人がこういう証言をしたという話が結構あるので、まぁ、ありえない話でもないかな、という印象です。

リスニングの方が平均点数が高い理由

TOEICはリスニングパート、リーディングパートの2つのパートで構成されていて、点数評価もこの2つのパートに分けて算出されます。こんな感じですね。

TOEIC スコア部分

この評価方法で、自分がリスニング、リーディング、どちらで点が取れているのかわかるというわけなんですが、この成績評価欄のバーの下側に ▲ がありますね。

この下側にある「64」とか「77」という数字が「percentile rank」といって、要するにあなたの点数より下の受験生の割合を意味します。

つまりpercentile rank「66」だとしたら、あなたは上位34%に入る得点だったということになるわけです。このあたりの基本的な公式認定証の見方ついてはこちらで解説しておりますので、よろしければドウゾ。

TOEICの結果の見方とその活用法!とりあえずここを押さえておけばOK
TOEICの受験が終わると、ほぼ1カ月後に TOEIC公式認定証 コイツが送られてきます。オンライン上での成績返却に登録している場合は、認定証の返却よりも1日早く成績がみれますね。 ...

 

話を戻しまして、このpercentile rankを見ていると気づくことが1つあります。

それは、同じスコアだとリスニングの方がpercentile rankは低い数値になる、つまり、

平均点はリスニングパートの方がリーディングパートよりも明らかに高い

ということです。

 

この傾向は私が初めてTOEICを受けた2003年前後でもそうでしたし、今現在もずーっとこの傾向です。日本人だけの平均点を見てもリスニングの方が平均点は高い傾向にあります。

この事実から考えられることは2つほどあって、1つめは単純にリーディングの方ができていない人の方が多いということ。日本人はスピーキングやリスニングの方が不得意とされがちですが、いやいや、実は文法や長文読解もできてないよ、という事実が成績に表れているわけです。

そしてもう1つが重要で、それはリスニングの方が点を上げやすい、ということ。
これは私も実感としてありますが、リスニングはハッキリ言って量をこなすこともスコアアップのための重要な要素です。

リスニング 楽しい

語学は基本的にやった分だけ上達が目に見えてわかる楽しい技能(趣味、勉強)ですが、とくにリスニング能力は聴き取り訓練の量と正比例的な伸びになる、という感覚があります。

もちろん、聞き流すだけとか効果の薄い勉強法ではだめですが、手っ取り早くスコアをあげたいのなら、いきなりリスニングの勉強から特化してやってみるのも一つの手です。

その際には、今からあげる「たった1つの心がけ」を守ってやってみてください。本当にこの心がけ1つで勉強の効果がただ聴き流すのに比べて数段変わります。それは何かというと

 

聴き取った英語を、自分でもしゃべってみてリピートする

 

これだけの作業で耳と脳はフル回転するはずです。会話のスピードが速すぎる、内容が難しすぎると感じたら、

「ちょっと難しいけど何とかついていける」

という程度の難易度の素材をチョイスするのがポイント。難しすぎず、簡単すぎずという感じですね。これを無理のない分量でやることが重要。

雑に大量にこなすよりは少量でも丁寧にこなす方が勉強は効果的です。これは英語に限らずですけれども。

TOEICの配点の仕組みをふまえて地道に勉強しよう

今回はTOEICの配点の仕組みと、そこから見えることについて、いくつか紹介してきました。

まぁ、TOEICは採点評価に関してはかなり気を使っているので、試験回によってばらつきある評価が出る、ということは少ないです。安心して受験していいと思います。おかしな問題や捨て問の類も、10年前と比べてかなり減ってきていますからね。

試験の難易度を安定させるために、試験問題のうち全体の10問から30問ほどは、ほぼ1年前の試験問題がリピート出題されている、という話もありますが、かといって受験回数の多い人の方が有利かというと、そうでもないようです。

そもそも過去問は公開されないので、よほど記憶力がない限り覚えてないですしね。ただでさえ似たような問題は多いし、結局、全試験問題の90%以上は新問題ですから。

ということで、スコアアップのためには邪道なし。

地道に頑張りましょう。私も頑張っていきます。

あと、手っ取り早くスコアを上げたいのならリスニングからやろうぜ、ということですね。

タイトルとURLをコピーしました